山口・島根旅行 一日目「篠目駅」 
今さらではありますが、8月末に行ってきた、山口・島根の旅の思い出を書き残したいと思います。
奥出雲への、『砂の器』関連の旅二日間です。

そうなると、本家の亀嵩と、ロケ地の篠目と両方行きたいのが人情なわけで。
けれども皆さまご存知の通り、亀嵩は奥出雲ですが、篠目は山口県。電車がひっきりなしに停まる駅でもないのでとうてい一泊じゃ通りすぎるのも無理。
…というわけで、私のように地理を知らないバカ者のために、同行してくださったお友達がレンタカーを借りてくれました…
福岡ドームのときいつもお世話になってた中居友さんなんですが…、小倉旅行に引き続いてお世話になりました。


神戸から出かけた私と福岡のお友達とは、新山口でまずは待ち合わせ。
在来線に乗って、JR山口線に乗り込みました。
SLやまぐち号が最近リニューアルしたそうですが、この日はまだお披露目前だったみたい。

在来線社内では、電車に詳しい方と、青春18きっぷで旅をされている女性とお話ししたりしました。
篠目に行くと言ったら、篠目の次の「長門峡」駅が紅葉の名所だということを教えていただきました(笑)。

で、JR山口線「篠目駅」。

17-08-29-09.jpg

TBSドラマでは亀嵩駅として、ロケが行われたところ。

17-08-29-01.jpg

黄色い電車じゃなかったのが残念でしたが、私たちが乗ってきた電車。

17-08-29-02.jpg

あの、給水塔。
この給水塔はSLやまぐち号が走るときにも一種のシャッタースポット的になってるみたいです。

17-08-29-03.jpg

今西刑事と話していたところあたり。

17-08-29-04.jpg

ホームから見渡した、周囲の光景。
のどかでした。

駅から出てみました。

17-08-29-05.jpg

この駅舎に、ドラマでは「亀嵩駅」と看板がかかってました。

17-08-29-06.jpg

駅前の雰囲気。今西刑事がタクシーで乗りつけてきたところ。

15分ぐらい?撮影していると逆方面の電車が来ましたので、乗りこみました。

17-08-29-07.jpg

車窓から見える給水塔…
和賀さんもこんな座席の電車に乗ってきてましたね。

17-08-29-08.jpg

篠目駅の整理券(?無人駅なので、乗車の照明にくれるやつ)を、清算後、記念にもらいました。

なんていうか、『砂の器』は原作も大好きなので、内容も内容だし、あんまり「きゃあ和賀さんがあ~♪」みたいに見られなかったんですけど(みんなそうですよね)
というか写真見返すとじゅうぶんミーハーですな(笑)
灰原くんのロケ地みたいにきゃーきゃーできず、なんていうか巡礼、って感じでした。


それから山口に戻って、松江まで特急に乗って行きました。
私は爆睡していましたがお友達は、海岸線に本浦親子がさまよっていた風景を見たと言ってました。

松江に着いたのは夕方でしたが、そこからお友達が運転するレンタカーで亀嵩へ。
約1時間半ぐらいでしたか。とちゅう、雨上がりの奥出雲は山あいにもやがかかり、いかにも奥出雲な雰囲気の光景を見せてくれました。

17-08-29-10.jpg

閉店一時間前に着いた「道の駅 酒蔵 奥出雲交流館」。

17-08-29-11.jpg

ここには駐在所のセットなどが展示されているとのことでしたが、夜はもうそっちは閉まっていて、

17-08-29-12.jpg

売り場のところにある「貝になりたい」の方の記念板(?)だけ見ることができました。
右端です…ありがたや…

そこからまた少し車で走って、

17-08-29-13.jpg

夜の亀嵩駅。
うう~ん、いかにも。

亀嵩紀行は次に続きます。



スポンサーサイト
..