本の中で 
週末、神田に行って古本店めぐりをした際、何気なく買った西川治の『世界ぐるっと朝食紀行』に、剛さんの名前が出てきた。
スマスマの特番で、剛さんと京都に行ったときのことが書いてありました。99年のことなので特番も絶対見てるはずだけど全然覚えてない…。2人で朝粥を召し上がったという京都の瓢亭、関西にいる間に行っときたかったわ~。
しかも西川治さんの本は、『世界ぐるっと肉食紀行』、『~飲酒紀行』の二冊は持ってたのに、この朝食紀行だけは読んだことなかったの!
でも今さらではあるけど出会えて良かった。

以前読んだ東海林さだおのエッセイで、有名人の知り合いであるのを自慢する人の例みたいなので「スマップの稲垣と家が近い」というようなことを話す人が出てきた。
中居さんがどこかで紹介してた『葉桜の季節に君を想うということ』には、木村さんの名前が出てきたな。
というかSMAPさんの名前は、一時代にはよく出てただろーなと思う。時代を象徴する例えとか、諸々の番組やアイテム、共通認識できるコンテンツのひとつだから。
数年前に話題になった『英国人一家、日本を食べる』にはビストロスマップの撮影を見学したことが書かれてたし、マドンナが慎吾さんのしゃぶしゃぶがお気に入りだとかいろいろ紹介されてたり。
まあいろいろ、様々な小説やエッセイにも名前を借りられきた彼らのでしょうが、予期せずこうして出会うのはまた感動もひとしおですな。


スポンサーサイト
..